強制ロスカットで、退場処分!?

FXは、レバレッジを効かせて、
資金よりも大きな金額を動かせ、
損益も、その倍率に応じて大きくなる。

と説明しましたね。

主婦なっとく

 

では、大きな損失が出てしまった場合、
FX会社の口座に入れておいた資金は、
ゼロもしくはマイナスになってしまうんでしょうか?

 

これを防ぐシステムが
「ロスカット」という仕組みです。

 

ロスカットとは?

FX会社の口座に資金を入金します。
この資金を「証拠金」というのですが、
この証拠金の必要証拠金維持率が、
各FX会社によって決まっています。

 

含み損から計算し、
この必要証拠金維持率を下回ると判断されると、
更なる損失を防ぐため、
保有しているポジションを
強制的に決済することを
ロスカットといいます。

主婦なるほど

 

必要証拠金維持率は、
FX会社によって異なります。
各社ホームページに、
必要証拠金維持率の計算式などを記載してくれていますので、
必ず、計算して、ポジションを持つときは、把握しておきましょう!

 

ロスカットが発動されると

ロスカットが行われた場合、
最低限の資金は残ることがほとんどですが、
為替の変動が短期間に大きく変動している場合などは、
預けた証拠金以上の損失が出る場合もあるようです。
というか、ロスカットが発動される場合は、
トレーダーも読み切れない、大変動時が多いんです。

 

ロスカットが行われそうになると、
アラートメールが来たりします。
来たらすぐに損切しましょう。

主婦びっくり

 

もし、ロスカットが行われてしまった場合、
一旦ゲームオーバーは確実です。
維持率の設定が30%だとしても、
大変動時は、実際に決済が完了するまでに
更に変動が進んでいたりします!
さらに損失を出している可能性もあり、
資金がほとんど残っていない!
なんて場合もある、ということです。

 

ロスカットが発動する前に、、、

重要なことは、
ロスカットが起きる前に、自力で
未然に決済する決断ができるかどうかです。

主婦重要

 

ポイントとしては、

  • 無理なレバレッジは効かせない
  • 損切を早めに行う

の2点が重要になります。

 

あと、GMOクリック証券のように、
HP上にロスカットシミレーションができるページを用意してくれている会社もありますよ!

 

 

GMOクリック証券もまた、人気のFX会社さんです。
スマホでのアプリツールがすごく使いやすいと評判ですし、
スプレッド、スワップともに申し分ない数値です!

 

GMOクリック証券

 

 

 

 

arrowトップページへ戻る