子供の「投資教育」を考える!

主婦のみなさん。
最近、子供の投資教育について、
欧米との差が問題になっているのをご存知ですか?

勉強する子供たち

 

確かに、管理人の私も、
学校では投資の「と」の字も習いませんでしたし、
自ら勉強するまで、何も知りませんでした。

 

ニュース番組の、為替情報なんて、
私には全く関係の無いものでした。

 

でも、FXを始めようと思っている主婦の方なら、
「子供の投資教育」について、
少なからず興味があるんじゃないかと思って、
ここでお話したいと思います。

 

日本の「投資教育」はどうなっている?

お金が大事な男

先ほど言ったように、日本の学校教育では投資教育が行われていません。
先生自体が、投資経験が無い方が多いようですし、
「子供はお金のことなど考えなくていい」
「お金は汚いもの」
という考えが、少なからず根付いていると思います。

 

家庭内でも、親に投資の知識がないですから、
当然のように、親が熱心に投資を教える家庭は、
一部のようです。

 

これが日本の投資教育の現状です。

 

欧米の「投資教育」はどうなっている?

アメリカ人は、日本人よりも人生計画そのものがきちんとしています。

 

そもそも、
ファイナンシャルプランナーやライフプランナーは
アメリカからやってきた職業で、
投資を行って、人生計画の手伝いを行う人です。

 

その内容は、投資を若いころから行い、
何歳で何をしたいかを目標に、
投資額や運用益を細かく計画します。

 

また、子供に一番近い親も、投資教育に熱心です。
親が、子供に対して、徹底的に投資教育を行うのは、
当たり前のこととなっています。

 

投資結果をはなす学生

学校では、学生同士で、「勝った」「負けた」だの投資の話もよくします。
小遣いでファンドを購入したりしているようです。
実践経験も若いうちから積んでいくんですね。

 

投資だけでなく、政治・選挙に関する意見も、
アメリカの若い人は、はっきり言いますね。
この感覚は、まだまだ日本が追い付いていないなあと思うところです。

 

日本と欧米の差は経済の大きな流れで差を生んでいる!

為替相場の流れで見てみましょう。

 

米ドル/円相場は、
本来、株価(日経平均株価)と連動していて、
「株安・円安」「株高・円高」
になるんです。

株価ボード

 

しかし、日本は、
海外投資家の割合が多いことで、逆転現象が起こっているんです。
「株安・円高」「株高・円安」
という状況です。

 

「株安・円高」は輸出企業にとっては厳しい状態ですが、
得てして、この状態が起こりやすくなっています。

 

自動車や、電器産業など、
輸出企業に支えられている日本経済は、
「株安・円高」はなるべく避けたい状況です。

 

そもそも、日本人投資家が多くなって、
海外投資家の割合が減れば、
この現象は解消されると考えられていますが、
そのためには、投資家を育てなければいけません。

 

日本の今の親たちができることって?

主婦の皆さんだって、株式教育を受けていないとは言え、
ネットを使いこなし、情報収集はできます。

 

今から「金持ち父さん 貧乏父さん」
を読んで勉強してもいいでしょうし、
余裕資金があるなら、
ファインンシャルプランナーに相談してみて、
自らの投資を始めるべきです。

 

実践は投資感覚を身に付けますし、知識も付きます。

投資教育中の母親

 

投資を子供たちに教えるならば、
まず、主婦であるあなたや
旦那さんが知識をつけるべきなのです。

 

もちろん、FX取引には、
世界の経済情勢を把握しながらの取引になりますので、
投資自体を勉強するのにいいでしょう!!

 

 

arrowトップページへ戻る