FX初心者なので、少額でスワップを狙いたいけど、利益はどれぐらい?

まず、スワップポイントとは何でしょうか?おさらいしてみましょう!

教えてもらう

 

2つの通貨を売買した時、
2国間にある政策金利の利率が、通貨にも適用され、
その金利差益を得ることができます。

 

スワップポイントとは、1日あたりに得られる金利差益の金額の事です。

 

実際の政策金利と、外国為替市場での金利は、完全には一致しませんが、
ほぼ政策金利に沿う利率になります。

 

この記事を書いている今は、2016年の9月です。

日豪国旗

日本は、マイナス金利ですが、外国為替市場では、0.1%の金利がつきます。
例えば、オーストラリアは、現在1.5%の金利になっています。

 

この日本円と豪ドルの取引で見てみましょう!

金利差益は、

なっとくする女性

低金利通貨で高金利通貨を買う利益が出て、
高金利通貨で低金利通貨を買う損失がでます。

 

「売り」から始める場合は、その逆になりますね。

日本円と豪ドルの場合、日本円を売って、豪ドルを買えば、金利差分の利益が出るってことです。
単純計算で、
【豪ドルの利率1.5%】-【日本円の利率0.1%】=1.4%
この1.4%は年換算なので、2016年9月現在、豪ドルを買えば、1年で1.4%の金利が付きますよ!ってことです。

 

それで、スワップポイントというのは、その年間で得られる金利差益を日割りにした金額のことなんです。
ですので、スワップポイントは日ごとに変わりますし、国の政策金利の変更があれば、変わってきます。

 

各FX会社には、「スワップポイントカレンダー」みたいな名称で、
日ごとのスワップポイントを掲載しているものがあります。

カレンダー

SBI FXトレードが、ホームページのマーケット情報のところに「スワップ履歴」と言う名前で掲載しています。
そこの2016年9/16日の「AUD/JPY(豪ドル/円)」の「買い」の欄には、0.0030と書かれています。

 

豪ドルを1通貨買うと、1日に、0.003円の利息が得られるという事です。
ちょっと位が小さすぎてピンとこないですね。

 

では、ちょっと具体的な数字を当てはめて、1ヶ月でどれぐらいの利益がでるか試してみましょう!

豪ドル/円ペアでシミュレ−ション

羊

次の条件で計算してみましょう。
取引条件

  • 為替レート:豪ドル/円=77円
  • 取引通貨量:1000通貨
  • レバレッジ2倍
  • スワップポイント:0.0030(1通貨あたり)
  • 証拠金:38,500円(1000通貨×77円÷2倍=38,500円)

※スワップポイントは、毎日変わらないと仮定します。

 

1ヶ月に得られるスワップポイントは、
1000通貨×0.0030円×30日=90円

 

資金38,500円に対して、利益90円 利益率0.23%
という結果です。

かなり少ない利益ですが、レバレッジを上げればより少ない資金で、利益の90円が得られます。
取引通貨量をあげれば、より多くのスワップポイントが得られます。

 

NZドル/円でシミュレーション

ニュージーランド国旗

ちなみに、ニュージーランドの通貨のNZドルとの取引なら、
スワップポイントは、0.0038円で、
上と同じ条件で、1ヶ月の金利差益は、114円。
レートは75円ほどですので、証拠金は37500円。
利益率は、0.30%と豪ドルより良いですね。

 

南アランド/円でシミュレーション

ライオン

さらに高金利通貨の南アフリカ共和国の南アランドだったらどうでしょうか?
政策金利は7.0%と高い数値です!
取引条件

  • 為替レート:7.2円
  • 取引通貨量:1000通貨
  • レバレッジ2倍
  • スワップポイント:0.0013円
  • 証拠金:3600円

1ヶ月に得られるスワップポイントは、
1000通貨×0.0013円×30=39円

 

資金3,600円に対して、利益39円、利益率1.08%
という計算結果で、利益率がとてもいいですね!
南アランドは、1通貨=7.2円ほどとかなり通貨の価値が低いので、
取引通貨単位を10,000通貨単位くらいには上げましょう!
これでも豪ドルの1000通貨より、低い資金で取引できますからね。

 

少額でのスワップ狙いの注意点

上のシミュレーションは、為替変動がなかった場合の利益を出しましたが、
実際の相場は、常に為替変動があります。

 

資金に余裕があれば、為替変動にも持ちこたえられ、希望のレートで決済もしやすいです。
しかし、少額の場合、大変動すれば、損失が資産に食い込み、すぐにロスカットが発動されてしまうかもしれません。

大暴落

スワップポイントも稼げずに終了になってしまう可能性を秘めています。

 

ですので、少額でのスワップ狙いは、大きく損失が出そうなら、決済をして、
もう一度、ポジションを建てなおす必要があります。

 

常に、為替変動には気を配りましょう。

 

また、豪ドルなどのここ数年の為替レートを見ると、上下を繰り返しながらも、
徐々に下落しています。
これは、スワップ狙いの取引にどういう影響を与えるかと言うと、
スワップポイントは毎日得られるが、為替差益で損をする可能性があるということです。

 

「買い」のポジションを持って、下落のトレンドに入ったら、一旦早めの損切をした方が良いと思います。
もしくは、為替差益のマイナスを考慮しても、スワップポイントの利益が上回る様な取引条件でポジションを持つことが必要です。

 

少額でスワップ狙いの投資方法まとめ

少額取引でも、少ないながら利益を出せることが分かりました。
「取引通貨単位」「レバレッジ」で調整し、利益を調整しましょう。

 

教える女性

ですが、相場の大変動時に弱点があるので、ある程度のスパン、例えば1ヶ月くらいで、
繰り返し売買を行う方法を取らないといけません。
トレンドを読む力が必要ですね。

 

買って、ほったらかしだと、すぐにゲームオーバーになっちゃいますよ!

 

 

arrowトップページへ戻る